もっと知りたい!薦田先生の梅の仕事 - 特集 - 調理力で健康!プロジェクト  

薦田先生の梅の仕事:~調理力で健康!プロジェクト~

調理力ノート
ようこそ ゲスト さん
 
 

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた方

調理力TOP » 特集 »

薦田先生の梅の仕事

薦田先生の梅の仕事

薦田富美子先生に、おいしい青梅のシロップ煮と梅ソーダの作り方を教えていただきました!


商品説明

今年も、年に一度の梅の季節がやってきました!
みなさんもおうちで「梅酒」をつけたり、「梅干し」を作ったりされますでしょうか?

我が家では子供も食べられる「梅のシロップ煮」を作ります。これを作ると、一年に一度の旬を感じられます。できたては酸味があり、つけ込むと味がなじんでいく違いも、食べる楽しみの一つ。

毎年楽しみにしてくれている人がたくさんいてくれるので、その人たちの喜ぶ顔を思い浮かべながら、ゆっくりと時間をかけて楽しんで作っています。

シロップ煮と梅ソーダ

★おすすめポイント★
1.夏の暑いときにはソーダで
割ると酸味もありとても美味しい。
2.甘さはシロップの量でお好みに
調節できる。
→ 薦田先生のご紹介ページはこちら 


<詳しい作り方はこちらの動画でチェック!>


材料と作り方はこちら


<作りやすい材料>(18センチの片手鍋使用)
青梅 500g
グラニュー糖 300g

<作り方>
1.青梅は洗って一晩水につける。
2.なり口のヘタの部分を丁寧にとりのぞく。
3.皮の部分に種に届くくらいまで針うちをする。(竹串でも)
4.平らになるように保存袋に入れ、一晩凍らせる。
5.青梅をかさならないように鍋にいれ、梅が全部かくれるくらいたっぷりと水をいれる。
6.中火から弱火にかけ、約10分、梅が浮かんで、ふつふつとした泡が全体にでてきたら、
  梅を傷つけないように、軽くアクをとり、そーっと茹で汁を捨てる。
7.梅に直接水が当たらないようにそーっと、梅がかくれるくらいの水を入れ、
  また中火から弱火にかけて、6の工程を全部で3回繰り返す。(梅が大きい場合は4回)
8.梅が十分柔らかくなったら、3カップの水を加えて中火にかけ、ふつふつと泡が出てきたら
  アクをとり、グラニュー糖の1/3量を加えます。
  そのまま弱火で10分ほど加熱して火を止め、冷めるまで蓋をして3時間ほど放置する。
9.8にグラニュー糖をまた1/3量加えて同様にする。全部で3回行い、
  時間をかけてグラニュー糖を入れていく。
10.冷めたら鍋からみつ(グラニュー糖の入った茹で汁)だけ他の鍋に移し、
  約半量まで煮詰めて、梅の鍋に戻し、一緒に冷ます。
11.保存容器に入れて1週間後ぐらいから味がなじんで美味しい。



イメージ画像
選び方や栄養など、梅にまつわるおさらいを一緒にしましょう♪ … 詳しくはこちら

イメージ画像
青梅より熟した梅に多く含まれる成分とは?♪ … 続きはこちら

イメージ画像
梅の酸味には、体に良い多くの効果が! … 続きはこちら


この記事に関するみんなのコメント
ちょろ

ちょろ

2014-06-07 23:08:14

今の時期、スーパーでも見かけますが、今は、実家の梅が少しずつ大きくなってきている所です。梅が大きくなったら今年は、 青梅のシロップ煮にチャレンジしてみようと思います。 教えてくださってありがとうございました。 母にも教えてあげたいです。

ウメ

ウメ

2014-05-30 21:20:00

すぐに皮がやぶけるので、火加減に気をつけないとですよね~。

夏レモン

夏レモン

2014-05-30 15:24:53

梅はジャムか梅干にします、今年は青梅シロップ作って見ようかな。 梅の木があるのでトライしてみます、でも実がつぶれそうで・・。

コメント
ニックネーム:
コメント:

コメント投稿

紹介
Yahoo!ブックマークに登録 Check