もっと知りたい!ラカントクッキング~煮物編~ - 調理力で健康!プロジェクト  

ラカントクッキング~煮物編~:~調理力で健康!プロジェクト~

調理力ノート
ようこそ ゲスト さん
 
 

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた方

調理力TOP » 特集 » 低GIでダイエット! »

ラカントクッキング~煮物編~

   
「ラカントS」顆粒で、肉じゃがをヘルシーに! | 煮物にはコレ!カロリー0の「ラカントS」 | 低GIでダイエット!のポイント | 低GIでダイエットレシピ

「ラカントS」顆粒で、肉じゃがをヘルシーに!


和食の定番、肉じゃがはおふくろの味を代表するメニュー。各家庭の味があり、材料や作り方にこだわりのある人も多いのではないでしょうか?

肉じゃがの歴史は以外と新しく、一般家庭に広まったのは昭和40~50年代ごろだといわれています。それが瞬く間に和食に欠かせないメニューになったのは、肉のうま味、煮汁がしみ込んだホクホクのじゃがいも、甘辛い味付けが日本人の口に合ったのでしょう。

今回の肉じゃがは、ごま油で炒めて鶏ガラスープで煮る中華風の味付け。お酢を一緒に使うことで、コクがあるのに後味のさっぱりとした仕上がりになります。

詳しいレシピは、コチラから。

煮物にはコレ!カロリー0の「ラカントS」


カロリー0の「ラカントS」顆粒タイプは、コクのある甘みが特徴なので煮物の味付けは大得意。肉じゃがだけでなく筑前煮や煮魚など、さまざまな煮物料理に欠かせない存在となるでしょう。

煮物は甘みをしっかりつけてこそ、素朴な味わいになりますが、カロリーが気になります。一般的な材料、一般的な作り方の肉じゃがは、1人分あたり300kcalほど。
ところが、今回ご紹介する中華風肉じゃがは228kcal!
甘みに「ラカントS」顆粒タイプを使うのはもちろんのこと、カロリー以外にも低GIにするアイデアがいっぱい詰まっています。そのポイントは、次のコーナーで↓

低GIでダイエット!のポイント


今回のポイントは食材の選び方。
高GIのじゃがいもは控えめにし、そのかわりに食後血糖を上げにくく、水溶性食物繊維の豊富なこんにゃくを使用します。他にも、干ししいたけや長ねぎなど、GI値の低いきのこや野菜も加え、具だくさんでバランスよく仕上げます。
調味料には、消化を遅らせてGI値を下げる働きのあるお酢を加えましょう。

ほかにも、低GIで効率よくダイエットをする工夫はいろいろあります。
その方法は、コチラから