もっと知りたいれんこん - 調理力アップのコツ - 調理力で健康!プロジェクト  

れんこん:~調理力で健康!プロジェクト~

調理力ノート
ようこそ ゲスト さん
 
 

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた方

調理力TOP » 調理力アップのコツ » 食材事典 » れんこん

れんこん

れんこん
れんこんは、その名の通り「はす(蓮)」の根のこと。地下茎が肥大したもので、中央の1つとまわりの9つの穴を通して、葉や葉柄から酸素を取り込んでいます。
中国より仏教とともに伝来したためか、仏事と関わりの深い食材です。

れんこん(蓮根)の選び方と保存のコツ


れんこんを選ぶときは切り口を確認。断面の色と穴をチェックしましょう。


れんこんの選び方と保存のコツ

れんこん(蓮根)の知っておきたい種類や栄養のこと


在来種の日本れんこんはとても貴重。見つけたらぜひ試してみてくださいね。


れんこんの知っておきたい種類や栄養のこと

れんこん(蓮根)のおいしい調理のコツ


料理によって、先端の細い部分、太めの円筒形の真ん中から根元部分を上手に使い分けましょう。


れんこんのおいしい調理のコツ

れんこん(蓮根)の使いっきりレシピ


2人分でれんこんをたっぷり1節使いっきり。味のバリエーションも豊富です。


れんこんの使いっきりレシピ

れんこん(蓮根)のストックおかず


れんこんに含まれるビタミンCやカリウムは毎日とりたい栄養素。保存食で毎日少しずつ食べるようにしましょう。


れんこんのストックおかず

アク抜きはほどほどに

れんこんを切ると、切り口が黒っぽく変色します。これは、れんこんに含まれるタンニンと鉄が空気に触れて酸化するため。
ごぼうやなす、うどなども、れんこんと同じように切り口が変色しますね。

これらの野菜に含まれる、タンニンやクロロゲン酸、フラボノイドなどのフェノール類は、空気に触れると、酵素のはたらきで黒褐色のポリフェノールに変わります。
水や食塩水、酢水につけたり、加熱すると、この酵素のはたらきが抑えられるため、変色せずにきれいな白い色に仕上がるというわけです。

しかし、ポリフェノールはアクやえぐ味である一方、その野菜独特の色や風味、おいしさにもつながるほか、抗酸化作用なども持っています。
野菜のアクは抜きすぎないよう、ほどほどにすることが大切ですね。

関連食材事典関連記事

⇒食材事典TOPへ

この記事に関するみんなのコメント
ガンダム

ガンダム

2013-01-23 09:09:37

今日も、来ちゃいました。\\\ 楽しいことやっちゃうよ。$$$$$$$ バイバイ!!!!!!

コメント
ニックネーム:
コメント:

コメント投稿

紹介
Yahoo!ブックマークに登録 Check