守岡実里子さんの紹介ページ:調理力で健康!プロジェクト  

守岡実里子さんの紹介ページ:~調理力で健康!プロジェクト~

調理力ノート
ようこそ ゲスト さん
 
 

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた方

調理力TOP » 調理力アップを応援する専門家 » 守岡実里子さんの紹介ページ

出題者のご紹介

出題者のお名前

フードコンサルタント・日本食文化研究料理家 守岡実里子 さん

守岡実里子

全国の町おこし事業に従事し、農業と食を核とした地域活性化支援を行っている。地域資源を活用したご当地メニュー開発、農村レストランプロデュース、健康料理のセミナーの企画から講演などを手掛けている。日本の伝統食・マクロビオティックをベースにした健康、美容のための料理を専門に活動中。

画像L

★ 「調理力で健康!プロジェクト」に参加して思うこと

   この度マクロビオティックの検定を作らせて頂きました。マクロビオティックと聞くと特殊なお料理のように思われる方もいるかもしれませんが、もともとは日本の伝統的な食事がベースになっています。日本の旬の食材を取り入れ、自然とのバランスを大事にする。マクロビオティックは決して特別なお料理ではなく、私達の先人の知恵の詰まった、日本の風土と日本人の身体に合った優しいお料理だと思います。そして様々なお料理のジャンルに応用することも出来ます。「調理力で健康!プロジェクト」に参加して、マクロビオティックのお料理を分かり易くお伝えできたらと思います。

画像L

★ 日本の食文化を大切にしたい

   日本の食文化を振り返ると、昔の人は自然と人間の関係性や健康のことをよく考えて食事をしていた事に感心します。五節句などの行事を見ても、その季節を健康に過ごすための食の知恵が残されています。
   祖母くらいの世代までは食べ物の食べ合わせや、風をひいたりお腹を壊した時に食べると良い食材もよく知っていましたし、時に薬のように食べ物を取り入れていました。母から子へと伝えられてきたおばあちゃんの知恵袋はまさに日本女性の調理力。まだ栄養学もない時代から長年の観察と経験の中で培われてきた食事には現代でもお手本にしたい健康のヒントがあります。
   自然と寄り添う日本の料理の知恵を再認識し、今の時代に合わせたお料理を提案していけたら嬉しいです。
画像L

★ 料理をする上で大切にしていること

   私が大切にしていることは、身体に良いこと、美味しいこと、見た目が美しいこと。マクロビオティックは見た目も茶色いし美味しくなさそう、と言われることも多いです。私も始めたばかりの頃は料理が楽しくないと感じたこともありました。でも、盛り付けや彩り、料理方法を工夫すればいくらでも応用できることに気づいてからは自由に楽しくお料理を作っています。
   そしてもう一つ大切にしている事はなるべく丁寧に食品を作っている作り手のものを使う事。例えば農産物は直売所や農家の方から直接買う、味噌や醤油は昔ながらの伝統的な製法のものを選ぶなど。良い物を選ぶことは良い作り手を育てることになる。自分が選ぶ物一つ一つが生産者の未来とつながっていると考えています。