矢島南弥子さんの紹介ページ:調理力で健康!プロジェクト  

矢島南弥子さんの紹介ページ:~調理力で健康!プロジェクト~

調理力ノート
ようこそ ゲスト さん
 
 

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた方

調理力TOP » 調理力アップを応援する専門家 » 矢島南弥子さんの紹介ページ

出題者のご紹介

出題者のお名前

管理栄養士 フードコーディネーター
矢島南弥子 さん

矢島南弥子

企業や店舗向けの集団栄養指導、レシピ制作や広告撮影、テレビ、雑誌の栄養監修などに携わる。
また、ホシノ天然酵母を使ったパンとサイドディッシュの教室Cafe AQRIを主宰。

画像L

★ 食の仕事について

   現在は、管理栄養士、フードコーディネーターとして食に関わる様々なことに携わっています。またベーカリー勤務の経験から、イベントを中心にパンレッスンをしています。
   最近は、ホームメイドでパンを楽しむ方も増えました。手作りパンでおもてなしをしたいけれど、どんなお料理と合わせてよいかよく分からないという声も多かったので、焼き上げたパンに合う、料理やスプレッドのご提案や、一つの生地から数種類のパンが仕上がり、お土産やお持たせにできるレシピなど、手作りのパンをお披露目したくなるレシピでレッスンを心掛けています。
   パンは主役ではないけれど、料理を引き立てて、パンも料理も、より一層美味しいものにしてくれます。また、酵母は生きているので、気温や湿度、季節により仕上がりもかわります。本当に奥深くておもしろいです。

画像L

★ 料理をするうえで大切にしていること

   家族を持って、料理が日常になってからは、やっぱり愛情が大切だなとしみじみ感じます。
   料理は気持ちが伝わるものですが、生活の一部であり色々な気分のときがあるので、自分を盛り上げる仕掛けを常に探しています。お気に入りの調味料やキッチン道具を揃えておくこと、そんなちょっとしたことでも。
   日々の料理では仕込み調理で冷蔵庫を整理しています。学生時代は、キッチンでアルバイトをしていました。ディナーの時間に合わせて仕込みをします。きちんと仕込みをされているからこそ、すぐにお料理もサーブできます。家庭の仕込みなどたいしたことはありませんが、ちょっとしたひと手間で調理はスムースに、食材も有効に、献立も立てやすくなります。
   今は、子供も小さいので『は~い。すぐご飯できるよ』となるようにゆとりをもつことは、料理を楽しむことにもつながります。

画像L

★ 調理力で健康!プロジェクトに参加して思うこと

   どうやったら美味しく作れるかな?どうやったら喜んでもらえるかな?と考えて、こちらのサイトを訪れる気持ちは、すでに調理力をアップさせてくれるものだと思います。
   何かヒントをみつけて自分の料理に活用すれば、日々の料理も楽しくなり調理力もアップしますし、調理力を身につけることで、家族が健康になり、笑顔が広がります。
   でも、私自身もそうですが、最近のお母さんは仕事をしていたり、家族の行事だったりととっても忙しい!
   私にとっても、調理力はこれらかもずっと課題となるテーマだと思っています。もっと調理力を追求して、忙しいお母さんも、楽しく気軽に作りたくなるレシピを発信していきたいと思っています。