大久保朱夏の紹介ページ:調理力で健康!プロジェクト  

大久保朱夏の紹介ページ:~調理力で健康!プロジェクト~

調理力ノート
ようこそ ゲスト さん
 
 

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた方

調理力TOP » 調理力アップを応援する専門家 » 大久保朱夏の紹介ページ

出題者のご紹介

出題者のお名前

食のクリエイター・フードライター
大久保朱夏 さん

大久保朱夏さん

料理書の編集、食と健康にかかわる記事の執筆をはじめ、食生活にかかわるプロジェクトの企画やイベントの運営も手がける。 『現代用語の基礎知識』(自由国民社)の食生活を2011年から執筆している。 オリーブオイル活用術のFacebookページでは、shukaとしてレシピを提案。 ランンニング雑誌『クリール』の食コンディショニング講座で料理コーナーを毎月担当 。沖縄の国頭トレイルランニング大会の後夜祭のフードコーディネートなど、食を通じて幅広く活動している。 『首都圏トレイルランニングコースガイド』(マイナビ)を企画執筆。著書に『はじめてのライスミルク』(自由国民社)。

つくった検定

画像L

★ 料理をする上で大切にしていること

   料理するときに大切にしていることは、家族や自分の体調です。遅い時間の夕食が多いので、脂質が控えめで消化のいい、シンプルな料理を心がけています。具だくさんのスープや蒸し煮の出番が多いです。ふだんから低脂肪・高たんぱくの肉や魚をこまめにとり、色の濃い野菜を多めに食べたりしています。ここ数年風邪も引かずにコンディションを維持できているのは、こんなささやかな積み重ねのせいかもしれません! 相性のいい食材の組み合わせは、調理力で健康プロジェクトの「食材辞典」が参考になりますよ!
   オリーブオイル活用術の公式Facebookページで月20品ほどレシピを紹介しています。できるだけ材料の数を減らし、シンプルな料理になるように試行錯誤中。簡潔なレシピの中にも理にかなった調理技法や、栄養面で期待できる作用を盛り込めたらと考えています。

画像L

★ 調理のハードルを下げるアイデアを届けたい

   私は有機野菜の宅配を取り寄せるようになって「調理力」が上がりました。農園との距離感もぐっと縮まり、食べる意識が高くなります。自分では選ばない野菜もセットで届くので、自然に調理方法も工夫するようになったのです。
   ポイントは料理名から献立を組み立てるのではなく、野菜を主役にすること。一品に使う野菜の種類を絞ることで下ごしらえの時間を短縮します。逆に量は一度にたくさん使います。野菜は切り方と火の入れ方を工夫することで、メニューのバリエーションを増やしていけるのが面白い! 
   ちょっとした工夫で、ぱぱっと料理ができれば、毎日のごはん作りが楽になりますよね。調理のハードルを下げる実践的なアイデアを文章とレシピで届けるのが私のテーマです。