もっと知りたいうど - 調理力アップのコツ - 調理力で健康!プロジェクト  

うど:~調理力で健康!プロジェクト~

調理力ノート
ようこそ ゲスト さん
 
 

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた方

調理力TOP » 調理力アップのコツ » 食材事典 » うど

うど

うど
日本原産で、栽培は江戸時代から始まっていました。
春になると若茎が伸び始め、そのままにしておくと夏には2mほどの大きさまで成長します。

うどの選び方と保存のコツ


緑色の部分がみずみずしく、ピンと張りのあるものが新鮮な証拠です。


うどの選び方と保存のコツ

うどの知っておきたい種類や栄養のこと


一般的なうどは、光を当てずに軟化栽培されたものであくも少なく食べやすいです。
それに対して野生のうどは、あくが強い分香りがよいです。


うどの知っておきたい種類や栄養のこと

うどのおいしい調理のコツ


皮の部分にあくが多いので、厚く剥くとよいです。その後、酢水に漬けておくと色の褐変を防いであく抜きをすることもできます。


うどのおいしい調理のコツ

あくも特徴の一つ

山菜にはタンニンやクロロゲン酸、フラボノイドなどのフェノール類が多く含まれます。
これらは空気に触れると、酵素のはたらきで黒褐色のポリフェノールに変わります。
しかし、ポリフェノールはあくやえぐ味である一方、その野菜独特の色や風味、おいしさにもつながるほか、抗酸化作用なども持っています。
野菜のあくは抜きすぎないよう、ほどほどにすることが大切ですね。

関連食材事典関連記事

⇒食材事典TOPへ

この記事に関するみんなのコメント コメント
ニックネーム:
コメント:

コメント投稿

紹介
Yahoo!ブックマークに登録 Check