もっと知りたいキャベツの選び方 保存方法 種類 栄養 調理 レシピ おかず - 調理力アップのコツ - 調理力で健康!プロジェクト  

キャベツの選び方 保存方法 種類 栄養 調理 レシピ おかず:~調理力で健康!プロジェクト~

調理力ノート
ようこそ ゲスト さん
 
 

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた方

調理力TOP » 調理力アップのコツ » 食材事典 » キャベツ

キャベツ

キャベツ
キャベツはヨーロッパが原産で、古代ギリシャやローマ時代から食べられてきました。当初は結球しない形でしたが、栽培を重ねるにつれて、現在のような結球型キャベツが誕生しました。
野菜の中でもトップクラスの収穫量を誇り、業務用の需要も安定しているので、大規模な産地で栽培されることが多いです。

キャベツの選び方と保存のコツ


春キャベツと冬キャベツで選び方が変わるキャベツ。選び方や保存のコツをおさらいしてみませんか?


キャベツの選び方と保存のコツ

キャベツの知っておきたい種類や栄養のこと


キャベツには胃腸の健康維持をサポートするビタミンUという栄養素が含まれています。
青汁の原料で有名なケールもキャベツの仲間。種類によって食感や風味が異なりますので、確認してみてくださいね。


キャベツの知っておきたい種類や栄養のこと

キャベツのおいしい調理のコツ


キャベツの甘みを生かす食材の組み合わせを覚えましょう。
せん切りの方法によって食感が変わるなど、ちょっとした調理のコツもありますよ。


キャベツのおいしい調理のコツ

キャベツの使いっきりレシピ


葉がかための外葉、やわらかい食感の内葉もまとめて使い切りましょう。2人分で1/4個を使い切る大胆レシピもありますよ!


キャベツの使いっきりレシピ

キャベツのストックおかず


そのまま食べても、アレンジしてもおいしい、キャベツの保存食レシピをご紹介します。


キャベツのストックおかず


キャベツの食べ方、いろいろ楽しみましょう

キャベツを使ったレシピ、どれくらいのレパートリーがありますか?
毎回せん切りキャベツでは、家族に飽きられてしまうかも…。

少人数のご家庭では、キャベツを丸ごと1個買ったらどうしていますか?
野菜室の隅っこで乾燥していませんか?
野菜はみずみずしく、新鮮なうちに使い切りたいものです。

一度にたっぷり食べるには、加熱するのがお約束。火が通るとしんなりかさが減って、たっぷり食べられます。味付けも、塩・こしょう、しょうゆ、みそ、コンソメ、オイスターソースなど、どんな調味料にもよく合います。
また、新鮮なうちに調理して保存しておくのも良い方法。
もっとも簡単なのは、キャベツの塩もみ。せん切りキャベツを塩でもんでおくだけ。サラダにも、付け合わせにも、スープにも、ひき肉料理のたねにも使える万能ストックおかずです。酢を加えてザワークラウトにするのもおすすめです。

キャベツレシピのレパートリーがたくさんあれば、キャベツを丸ごと1個買うときも躊躇しなくなりますよ!
キャベツのレシピはコチラ

関連食材事典関連記事

⇒食材事典TOPへ

この記事に関するみんなのコメント コメント
ニックネーム:
コメント:

コメント投稿

紹介
Yahoo!ブックマークに登録 Check