もっと知りたい菜の花 - 調理力アップのコツ - 調理力で健康!プロジェクト  

菜の花:~調理力で健康!プロジェクト~

調理力ノート
ようこそ ゲスト さん
 
 

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた方

調理力TOP » 調理力アップのコツ » 食材事典 » 菜の花

菜の花

菜の花
地中海沿岸や中央アジア、北ヨーロッパなどが原産の、アブラナ科の植物。菜の花という単独の植物はなく、小松菜やブロッコリーなども全て菜の花と呼びます。通常、菜の花と呼んでいるのは菜種のこと。
独特のほろ苦さと香りが、春の訪れを告げてくれる野菜です。

菜の花の選び方と保存のコツ


菜の花は花が開く前に食べるのが◎。保存するときは乾燥に注意して。


菜の花の選び方と保存のコツ

菜の花の知っておきたい種類や栄養のこと


私たちが「菜の花」と読んでいるのは菜種のこと。観賞用、食用、油を絞るものでは品種が異なります。


菜の花の知っておきたい種類や栄養のこと

菜の花のおいしい調理のコツ


アクが強いので下ゆでが必須。独特のほろ苦さがマッチする食材と組み合わせてさらにおいしく。


菜の花のおいしい調理のコツ

菜の花の見ごろ、食べごろ

菜の花は観賞用、食用、採油用など、用途によってそれぞれ品種が異なります。
一面に広がる黄色い菜の花は春の風物詩でもあり、全国各地に観光スポットがあります。
時期は主に早春から4月ごろですが、連休中に見ごろとなるよう種まきの時期を調整しているところもあります。

また、菜の花は昔から身近な植物であったため、文学や言葉に多く登場します。
春雨前線が停滞する時期の雨を「菜種梅雨」、春先によく見られる、かすみがかった月を「菜種月」といい、俳句では春の季語に「菜の花」が使われています。

食用の菜の花は、いち早く春の訪れを教えてくれる野菜で、菜の花の時期は早いもので12月頃から、多くの品種は2月から3月が出盛り期です。
ビタミンやミネラルが豊富なので、旬の時期は積極的に食べたい野菜のひとつです。

関連食材事典関連記事

⇒食材事典TOPへ

この記事に関するみんなのコメント コメント
ニックネーム:
コメント:

コメント投稿

紹介
Yahoo!ブックマークに登録 Check