もっと知りたい春菊 - 調理力アップのコツ - 調理力で健康!プロジェクト  

春菊:~調理力で健康!プロジェクト~

調理力ノート
ようこそ ゲスト さん
 
 

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた方

調理力TOP » 調理力アップのコツ » 食材事典 » 春菊

春菊

春菊
地中海沿岸が原産で、ヨーロッパでは、主に春に咲く黄色の花を観賞用にしています。
日本へは室町時代に渡来し、江戸時代から栽培がはじまりました。
四国や九州では葉の切れ込みがない大葉、本州では切れ込みのある中葉が栽培されています。

春菊の選び方と保存のコツ


葉の色が濃くて、みずみずしいものを選び、翌日までには食べきりましょう。


春菊の選び方と保存のコツ

春菊の知っておきたい種類や栄養のこと


ほうれん草や小松菜をしのぐβ-カロテン含有量を誇ります。


春菊の知っておきたい種類や栄養のこと

春菊のおいしい調理のコツ


独特の香りを生かした調理がおすすめ。サラダにしてもおいしいですよ。


春菊のおいしい調理のコツ

春菊は、家庭菜園にぴったりな野菜

春菊の栽培は比較的簡単なので、家庭菜園に向いている野菜と言われています。プランターで育ち、病害虫にも強いので無農薬で育てることもできます。

1年中栽培できますが、秋まきがもっとも栽培しやすいようです。
秋まきは、苗を育ててから定植する「育苗」でも、そのまま種まきをする「バラまき」でもよく育ちます。適度に間引きをしながら、20日おきに3~4回追肥し、水を十分に与えましょう。種まき後35日ぐらいから収穫時期になります。
秋から冬は、株元に葉を少し残して摘み取ると、わき芽が伸びて次々と収穫できます。

春まきの時期は日が長く気温も上昇するため、つぼみがついて花が咲いてしまいます。(トウが立つといいます)
可憐な花を咲かせますが、葉は食用に適した時期を過ぎてしまいますので、早めに収穫するか、観賞用にしましょう。

関連食材事典関連記事

⇒食材事典TOPへ

この記事に関するみんなのコメント
コロまま

コロまま

2015-02-05 15:38:55

子どもの頃は春菊嫌いだったけど、30過ぎてから好きになってきた(^。^)ヨーロッパでは観賞用なんですね~。 この食材事典で調べると、いろいろなことが知れて楽しい♪

コメント
ニックネーム:
コメント:

コメント投稿

紹介
Yahoo!ブックマークに登録 Check