もっと知りたいほたて - 調理力アップのコツ - 調理力で健康!プロジェクト  

ほたて:~調理力で健康!プロジェクト~

調理力ノート
ようこそ ゲスト さん
 
 

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた方

調理力TOP » 調理力アップのコツ » 食材事典 » ほたて

ほたて

ほたて
天然物の漁獲量は減少していますが、養殖が盛んに行われており、安定した漁獲量と品質が確保されています。
貝柱を囲むヒモの色がオレンジだと雌、白だと雄です。

ほたて(帆立)の選び方と保存のコツ


うま味たっぷりのほたては上手に選びたいもの。かしこく保存すると、解凍後もおいしく食べられます。


ほたての選び方と保存のコツ

ほたて(帆立)の知っておきたい種類や栄養のこと


ほたてには、肝機能を高めるタウリンが多く、貝類の中でトップクラスの含有量を誇ります。


ほたての知っておきたい種類や栄養のこと

ほたて(帆立)のおいしい調理のコツ


貝のままのほたての下処理を覚えておきましょう。うま味を生かした相性食材もご紹介。


ほたてのおいしい調理のコツ

ほたての加工品いろいろ

中華料理などに使われる干し貝柱をはじめ、缶詰や燻製、甘露煮など、ほたてにはさまざまな加工品があります。
うま味がたっぷりつまったこれらの加工品は、ほたてご飯やコロッケなど、お料理に上手に活用したいもの。少し加えるだけでコクとうま味がグンとアップします。

干し貝柱はかぶるくらいの水につけて、半日程度戻します。急ぐときはお湯につけると30分程度で戻りますが、あまり急すぎると貝柱の食感が失われてしまったり、戻し汁にうま味が充分に出きらないこともあります。
戻し汁はそのまま使っても美味しいですが、鶏がらスープや昆布だしと組み合わせると、さらに美味しさがアップしますよ。

ほたての美味しいレシピはコチラから。参考にしてみてくださいね。

関連食材事典関連記事

⇒食材事典TOPへ

この記事に関するみんなのコメント コメント
ニックネーム:
コメント:

コメント投稿

紹介
Yahoo!ブックマークに登録 Check