もっと知りたい【あさり】選び方と保存のコツ - 調理力アップのコツ - 調理力で健康!プロジェクト  

【あさり】選び方と保存のコツ:~調理力で健康!プロジェクト~

調理力ノート
ようこそ ゲスト さん
 
 

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた方

調理力TOP » 調理力アップのコツ » 食材事典 » 【あさり】選び方と保存のコツ

【あさり】選び方と保存のコツ


かしこく選ぶ3つのポイント

1模様が鮮明で、横幅の広いもの

模様がはっきりしていて、横幅のあるものがすっきりとした味でおいしいとされています。

2殻をかたく閉じて、塩水につけると水管を出すもの

殻をかたく閉じており、塩水につけると、水管から勢いよく水をふきだすものが新鮮です。

3むき身はツヤと弾力があるもの

むき身の場合は、ツヤがありプリプリとした弾力があるものを選びましょう。

上手に保存するためのテクニック

保存する場合は砂抜きをしっかりしておきます。
3%程度の塩水につけて、常温で静かな暗いところに置いておきます。真水ではあさりがいたんでしまうので気をつけましょう。

2~3日で食べるなら、水気を切って冷蔵庫へ。
それ以上の期間保存したいなら、保存袋に入れて冷凍保存がおすすめです。
貝がなるべく重ならないようにしておくと、使う分だけ取り出せますよ。凍ったまま調理すればOK。
加熱してからむき身にしても冷凍保存が可能です。

潮干狩りでとってきたあさりは、流水で表面のぬめりを落としてから、海水の上澄みもしくは3%程度の塩水につけて砂抜きをします。
はいた泥を再び吸い込まないように、上げ底にしておくとよいでしょう。
関連食材事典関連記事

⇒食材事典TOPへ

この記事に関するみんなのコメント コメント
ニックネーム:
コメント:

コメント投稿

紹介
Yahoo!ブックマークに登録 Check