もっと知りたい【しいたけ】選び方と保存のコツ - 調理力アップのコツ - 調理力で健康!プロジェクト  

【しいたけ】選び方と保存のコツ:~調理力で健康!プロジェクト~

調理力ノート
ようこそ ゲスト さん
 
 

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた方

調理力TOP » 調理力アップのコツ » 食材事典 » 【しいたけ】選び方と保存のコツ

【しいたけ】選び方と保存のコツ


かしこく選ぶ3つのポイント

1カサの内側が白くてきれい

本来は白いカサですが、鮮度がおちるにつれ茶色がかってきます。

2軸はしっかりと太いもの

一般的に軸のしっかりしているほうが味が良いといわれています。

3カサが開きすぎていないもの

カサの部分は8分開きほどが良いとされています。

上手に保存するためのテクニック

鮮度が落ちやすいため、野菜室で保存する場合は早めに食べきりましょう。
軸が下をむいた状態にして保存すると、きのこの胞子が落ちて黒ずんでしまいます。
軸を上に、カサの裏側を上に向けてパックに入れ、ラップをして保存しましょう。

また、しいたけを袋買いしたときには生のまま冷凍することをおすすめします。
冷凍することによって細胞が壊され、酵素の働きで香りが出る上、うま味もアップします。
切って冷凍しておけばそのまま使えますし、まるごと冷凍の場合でも少し室温においておくだけで包丁が入る固さになりますよ。

ただし、食感はおちてしまいますので、しいたけ独特の歯ごたえを楽しみたいときは生のしいたけを使いましょう。
関連食材事典関連記事

⇒食材事典TOPへ

この記事に関するみんなのコメント
Kin

Kin

2011-04-22 15:15:17

冷凍も良いけど、切ってざるの上に並べて風通しの良いところにおいておくと、簡単に干しシイタケになります。うちのお母さんが、たくさん頂いた時にそうしてておいしいですよ。

コメント
ニックネーム:
コメント:

コメント投稿

紹介
Yahoo!ブックマークに登録 Check