もっと知りたい【しいたけ】おいしい調理のコツ - 調理力アップのコツ - 調理力で健康!プロジェクト  

【しいたけ】おいしい調理のコツ:~調理力で健康!プロジェクト~

調理力ノート
ようこそ ゲスト さん
 
 

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた方

調理力TOP » 調理力アップのコツ » 食材事典 » 【しいたけ】おいしい調理のコツ

【しいたけ】おいしい調理のコツ


覚えておきたいおいしいひと手間~洗わず風味キープ~

しいたけは水につけてしまうと香りや風味がおちやすいです。
スーパーなどで売られているものは栽培しているものがほとんどのため、洗う必要はありません。

土が付いている場合や、汚れが気になる場合にはキッチンペーパーや固くしぼった布巾でぬぐうようにしましょう。

覚えておきたいおいしいひと手間~干して栄養アップ~

生のしいたけにはエルゴステロールという成分が含まれています。
この成分は紫外線にあたると、生しいたけにはほとんど含まれないビタミンDに変化します。そのため、干ししいたけは生しいたけよりもずっと多くビタミンDを含むのです。
ビタミンDはカルシウムの吸収を助け、骨や歯をじょうぶにするという大切な働きがあるんですよ。

お家で干ししいたけを作るのには時間がかかりますが、調理する前に1時間ほど日当たりの良いところに置いておくだけでも十分に効果があるそうです。
生しいたけを買ったら、軸が上に向くようにカサを下にして日光をあててあげましょう。
酵素と熱の働きによって、香り成分のレンチオニンとうま味成分のグアニル酸も増えるので、料理のおいしさアップにも一役かいますよ。

しいたけのコレだけレシピ

メイン材料はしいたけだけ!の思いたったらすぐ作れるレシピです。ほんの少しだけ残っちゃった、そんな時にもおすすめですよ。

焼しいたけの混ぜごはん
焼くことでしいたけの香りがアップ!

しいたけのみそチーズ焼き
うま味のあるしいたけをみそ味で仕上げました。思わずごはんが欲しくなる味わい。

しいたけと相性の良い食材

しいたけに組み合わせてもっとおいしく!もっとヘルシーに!おいしさと栄養の相性の良い食材のご紹介です。

トマト
しいたけのグアニル酸とトマトのグルタミン酸の相乗効果で、深いうま味に。
互いに豊富な機能性成分の働きで、免疫力や抗酸化力がアップ。
しいたけとトマトのイタリアンソテー
いつもの食材もバジルやアンチョビで味わい深いイタリアンテイストに。
ひき肉
肉厚のしいたけの食感に、ジューシーなひき肉が良く合います。
しいたけのビタミンB群が、ひき肉の栄養素の代謝をサポートします。
しいたけと肉だんごのスープ
ふわふわの肉団子がたっぷり入った、副菜にもなる具だくさん中華スープです。
ハム・ベーコン
しいたけの主張ある香りと、ハム・ベーコンの香りの組み合わせで、豊かな香りに。
ハム・ベーコンに少なめの食物繊維をしいたけが補います。
しいたけとベーコンのキッシュ
濃厚でまろやかなクリームを流して焼いたキッシュです。
関連食材事典関連記事

⇒食材事典TOPへ

この記事に関するみんなのコメント
motoha

motoha

2011-10-02 22:14:19

最近の干しシイタケの中には天日干しではなく温風干しも有るとか聞いたんですけど本当なんでしょうか

コメント
ニックネーム:
コメント:

コメント投稿

紹介
Yahoo!ブックマークに登録 Check